看護部ブログ 

看護部ブログ7月12日

2021.07.19

今年の梅雨は各地へ雷雨大雨による被害をあちらこちらにもたらしました。兵庫県には、北部に土砂崩れ等の警報が出た所もありましたが幸い大きな被害はありませんでした。本当に特に姫路市は被害の少ない所でとてもありがたい地域だと思います。

そんな中、先日鹿児島にある神村学園へ看護奨学生が決まり面接に行ってきた学園近くの川内市の川の水があふれ大変な被害が出ているニュースがテレビで流れていました。学校はいちき串木野市なので少し離れていますが、同じような被害が出ていないか心配になりましたが、学園近隣への被害は聞かれず少し胸をなでおろすことが出来ました。

被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

先に書きましたが、今年も奨学学生の親子面接の為鹿児島に行ってきました。(昨年ブログの書き込みをしたのにもう一年がたつなんて本当に一年は早くてびっくり!)

面接にお母さんと一緒に緊張感一杯に現れた、それぞれの可愛い2人の学生さんは、共に看護師になりたいと強い思いを持ち、自宅から遠い寮のある神村学園に入り自分が看護師として働く未来を託す病院としてなぜ姫路第一病院を選んだのかをしっかりとした言葉で伝えてくれました。

その言葉に対して私は、改めて今年初めての神村学園1期生が入職し現在研修を受けながら、日々成長している姿を思い描き今看護部においては充分な教育環境の中成長を見守っていける体制が出来ている事に強い自信を持ち彼女たちの大きな期待に応える事が出来ると改めて気持ちを引き締め安堵の気持ちを持つ事が出来ました。

面接終了後、学生さん達には病院に来る先輩学生さん達に負けない様にしっかりと勉強して下さい。と伝え笑顔で記念写真を撮りお別れしてきました(今年はマスクを取るのを忘れていました~ほんとのお顔が見られなくて残念…)

神村学園に行くと感じる事ですが、全て出会う学生さんからいつも気持ちの良い挨拶があり驚かされます。学園の教育が出来ているからと思いますがとてもすがすがしい心晴れやかな気持ちになります。

私も負けじと、笑顔で大きな声で挨拶をかわします。

学生さんの挨拶を聞きながら、私は入職した神村1期生の二人がいつも見せる笑顔の挨拶を思い出し教育の源がここにあると安心し、先生方に感謝を伝えて学園を去りました。

今年も無事に面接を終え5年後に看護師として出会える日が楽しみとなりました。

 ホテルに着いて綺麗に磨かれた窓から見える桜島があまりに綺麗だったので写真に収めました。

毎年違う姿を見せてくれる桜島ですが噴火する事があるなんて思えないほど穏やかな様子でした。お天気がいいと遠くからでもくっきりと見えるその姿に又来年も新たな学生さんに出会える事とこの穏やかな桜島を見られる事を願い鹿児島を後にしました。

看護部長 茶木 太文 

トラックバック

トラックバックURL:

ページの先頭へ