リハビリテーション科

当科では、「癒しのある空間づくり」「気持のわかるセラピストへ」「チームアプローチ」を胸に、患者様の日常生活をより良いものにする為、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が専門的に個別治療を行っています。また、定期的な回診やカンファレンスにより他部署との連携を取り、一丸となって患者様のニーズにお応えできるよう努力しています。

リハビリテーション科概要

スタッフ

専任医師:1名、理学療法士:9名、作業療法士:4名、言語聴覚士:3名、助手:3名

占有面積

運動療法室(理学療法、作業療法):226.15㎡、言語聴覚室:27.54㎡(内法)

承認施設基準(H26年改定)

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ、運動器リハビリテーション料Ⅰ、呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

診療時間

外来受付時間
午前9:00-11:30
午後13:30-17:30-13:30-14:30

入院診療は、日・祝日を除く、9:00-18:00までとなります。

理学療法 physical therapy

理学療法とは病気や事故、怪我などによって運動能力が低下した方々に対し、機能障害の維持・改善を目的に運動療法や温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。理学療法の目的は運動機能の回復にありますが、日常生活活動の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。日常生活において不自由をなされている患者様が、少しでも自立度の高い生活が行えるように支援していきたいと考えています。

対象疾患

  • 脳卒中、脊髄損傷、脳の外傷、中枢神経の変性疾患などの中枢神経疾患
  • 整形外科的疾患として、手足・脊椎の骨折、腰部痛、頸部痛、肩関節周囲炎、腰椎椎間板ヘルニア、靭帯損傷、変形性関節症、四肢の切断、その他の運動器由来の疼痛など
  • 肺炎、術後の廃用症候群など
  • 内科的疾患では、糖尿病、慢性腎不全によるアミロイドーシス、体力低下

作業療法 occupational therapy

作業療法とは、協会定義より、「身体または精神に障害のあるもの、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助を行うこと」とされています。

リハビリテーションにおける「作業」とは、生活の中で行っている行動(食べる、寝る、話す、着ることやスポーツ・趣味など)すべてを含みます。障害を持たれた患者様に対し、その残された機能を最大限に生かし、主体的な活動の向上をはかるため、作業活動を用いて援助を行っています。また、高齢化に伴い当院でも認知症をもたれた方が多く受診され、重症度によっては介入が難しいケースもありますが、認知機能の向上から生活機能の向上へと繋げていけるよう援助しています。

対象疾患

  • 脳卒中、脊髄損傷、脳の外傷、中枢神経の変性疾患などの中枢神経疾患
  • 整形外科的疾患として、上肢帯の骨折や、その他上肢を主体とする障害、脊椎の骨折や大腿骨頸部骨折後の能力障害
  • 肺炎、術後の廃用症候群など
  • 高次脳機能障害など

言語聴覚療法 speech and language therapy

私たちは、言葉によるコミュニケーションよってお互いの気持ちなどを伝え合い生活をしています。日常で誰もが自然に行っている「話す」「聞く」「表現する」などの行為が、障害や加齢により不自由な状態に陥った方に、言語聴覚士は専門的アプローチを行い自分らしい生活を構築できるよう支援しています。また、食べ物を噛んだり、飲み込んだりできない状態を「摂食・嚥下障害」といいます。このような方に対しても、嚥下造影検査(VF)という検査により誤嚥のチェック、嚥下時の口腔・咽頭・食道の動きの観察を行っています。その際に、安全に食べることのできる食物形態や体位を検討し治療へと役立てています。

→ 嚥下造影検査(Videofluorgraptic examination of swallowing:VF検査)とは?

対象疾患

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血)、脳の外傷、中枢神経の変性疾患などの中枢神経疾患
  • 肺炎、脱水、術後の廃用症候群など
  • 高次脳機能障害など

ご利用案内

診療科目

外科・内科・整形外科・脳神経外科・消化器科・循環器科・呼吸器科・リハビリテーション科
診療科目のご案内はこちら

診察について

午前
午後-

※急患は24時間受け付けています。
※木曜午後・日・祝日は休診です。

外来診察担当医表
外来受付時間

施設案内

フロアマップ
バリアフリー情報

姫路第一病院への交通アクセス・地図

  • 人工透析
  • 人間ドック・健康診断
  • リハビリテーション
  • 褥瘡(じゅくそう)対策委員会
ページの先頭へ